サイト移転のお知らせ

しばらくブログお休みしていましたが、こちらに移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AndroidアプリのICS対応でやっておくべきこと(1)

以下のサイトによると、8月以降順次Android4.0(ICS)へのアップデートが予定されています(当初は7月以降順次と言っていた気がするのですが・・・)。

「docomo with series」「docomo NEXT series」「ドコモ タブレット」(18機種)の Android4.0へのバージョンアップについて
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/120326_01_m.html
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/120702_00_m.html

ということで、アプリのAndroid4.0対応としてやっておくべきと個人的に思う事を整理しておきたいと思います。
そもそも、ICS対応とはなんぞや、というところからですが、「最低限」という意味ではやっておくべき事は無いと思ってます(笑)。きっとAndroid2.3.xで動いているアプリはそのままAndroid4.0.xでも動くでしょう。

では具体的に。左の絵がService KillerをAndroid2.3.xで動かして[メニュー]ボタンを押したところ。
右の絵が同じくService KillerをAndroid.4.0.xで動かして、右下の・が縦に三つ並んだボタン(overflow menuボタンと言います)を押したところ。

2.png ICS2.png

そうなんです。Androidはよく考えられていて、Android4.0.xでメユーボタンが無くなった代わりに、メニューボタンが必要なアプリを起動したときにはoverflow menuボタンを表示してくれます。

じゃ、なんにもしなくていいじゃん!というかというとそうではなくて、UIの変更は必須だと思っています。具体的にはActionBarの導入に合わせた操作性の統一です。
※他にも、ICSから(正確にはHCから)はfragment等新しい仕組みが導入されていますが、これらはあくまで開発者側の都合の話。最優先にやるべきはユーザさんに関わるところというのが私の考えです。

Android4.0以降では、[メニュー]ボタンは基本的に無いものとして、代わりにActionBarが導入されています。
下の図はSDKに入っているActionBarSampleというアプリですが、画面の上部に表示されているのがActionBarです。

ActionBar4.png

ActionBarには、その画面でユーザが頻繁に使う操作のみをアイコンとして表示して、使用頻度の低いものはoverflow menuボタンを押したときに表示する、または、SplitActionBarといって、上部と下部両方にボタンを配置したActionBarを置く方針となっています。

また、左上のアイコン(このサンプルでは◎)は、そのアプリのホームとなるメインの画面に戻るためのナビゲーションの役割も担っています。

下の絵はAndroid4.0対応した後のService Killerアプリの画面です。メインの画面は左のようなサービスの一覧を表示する画面で、右はアプリの設定画面です。右側のようなメインではない画面上の左上のアイコンをタップしたらメインの画面に戻るというのがAndroid4.0以降のUIのルールのようです。右側設定の画面の左上のアイコンの左側に"<"と、戻る事を示す記号が見えているのが分かると思います。

ICS6.png ICS7.png

このようなUIが当たり前になるということを考えると、この操作ルールから外れるアプリは結果としてユーザさんに違和感、ストレスを与えてしまうことになるので、極力このあたりの変更はしたほうがよいのではないかと思います。

と、偉そうにActionBarについて語りましたが、iMxSでリリースしている3つのアプリのうち、ちゃんとActionBarを意識したUIにしてあるのはServiceKillerだけだったりします(^^:
はい、WiFi Ticker、Flick Screen Offについても早急に対応するので、しばらくお待ちください。

次の記事で、具体的に(わたしの考える)Android4.0対応のための具体的な変更点をコードを用いて説明したいと思います。
※偉そうに説明するとか言ってますが、他のアプリでActionBar対応するために過去に自分で変更したところを整理したいだけです(笑)

AndroidアプリのICS対応でやっておくべきこと(2)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
プロフィール

Author:imxs

Androidアプリ開発などを行っているimxsの開発者です。気になることを調べてメモって行きます。ほとんどの人にはどうでもいい内容でも、広い世の中一人くらいは同じ疑問を持った奇妙な人がいることを信じつつ。暖かい目で見守ってやってください。
imxsの開発者ブログは移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

カテゴリ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
34位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。