サイト移転のお知らせ

しばらくブログお休みしていましたが、こちらに移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gitでリモートのブランチをローカルに持ってくる

今更な感じもありますが、しょっちゅう間違えるので備忘録として。

ローカルのgitリポジトリにて
$ git branch -r
origin/HEAD -> origin/master
origin/gingerbread
origin/gingerbread-mr4-release
origin/gingerbread-release
origin/ics-factoryrom-2-release
origin/ics-mr0
origin/ics-mr0-release
origin/ics-mr1
origin/ics-mr1-release
origin/jb-dev
origin/jb-release
origin/master
origin/tools_r20


となっていて、jb-releaseを持ってきたい場合は

git checkout -b jb-release origin/jb-release

-b の後のjb-releaseはローカルに新たに作るブランチの名前なので任意でよいです。
これで、ローカルのjb-releaseブランチはリモートのorigin/jb-releaseブランチをトラッキングするようになります。

ちなみに、冒頭のgit branch -rはリモートのブランチをみるためのコマンドです。

それにしても、gingerbreadは長い名前がそのままブランチ名になっていたのに、最近はicsとかjbみたいに省略するんですね。アルファベット順で名前付けてるんだからいっそのことiとかjとか1文字にしてしまえばいいのに・・・
余計分かりにくいか(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
プロフィール

Author:imxs

Androidアプリ開発などを行っているimxsの開発者です。気になることを調べてメモって行きます。ほとんどの人にはどうでもいい内容でも、広い世の中一人くらいは同じ疑問を持った奇妙な人がいることを信じつつ。暖かい目で見守ってやってください。
imxsの開発者ブログは移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

カテゴリ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
48位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。