サイト移転のお知らせ

しばらくブログお休みしていましたが、こちらに移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話帳サービス(3) 電力消費測定(再チャレンジ)

前回の「ドコモ電話帳サービス(2) 沈静化成功?」で電話帳サービスの電力消費具合の測定に失敗したので再チャレンジ。

電話帳サービスが動いていると、動いていない場合と比較して2.3倍電池が減る、という結論になった。
と、いきなり乱暴な結論を書いてしまったが、今回の実験は条件がいい加減だったりするので、そのつもりで読んでもらえたらありがたい。

まず、以下がBatteryMixでのバッテリーの推移。なお、この絵は分かりやすくするために数字を入れるなど多少加工している。
実験は、端末を再起動して「電話帳サービス」の停止とBatteryMixのログを削除したところからスタート。
この時点では電池残量86%。「電話帳サービス」が停止したまま状態で約8時間ちょっと経過して76%まで電池が減少(その間、僕は睡眠中。。。)

で、電池残量76%のタイミングで「電話帳サービス」が起動した。
これは、意図的に起動させたわけではなく、たまたまspモードメールを受信してしまい、これをトリガーに「電話帳サービス」が起動したようだ。

その後、約3時間弱経過して電池残量67%まで減少。CPUの負荷も増しているように見える。

電話帳サービス電力推移

以下の図が、同じ時間軸での稼働プロセスの状況。
途中「ドコモあんしんスキャン」が動いてしまっているが、ここではあまり関係ないので無視。
9:00くらいのタイミングからspモードメールと「電話帳サービス」が動きだしている。

電話帳サービスプロセス推移

で、以下の図が、上記のバッテリーの推移と稼働プロセスの図を画像編集ツールで合成したもの。
若干、時間軸がズレてしまっているがご容赦を。
やはり、「電話帳サービス」の動作開始と共にバッテリーの消費が激しくなると見てよさそうだ。

電話帳サービス電力プロセス合成

この結果から「ドコモ電話帳サービス」が動くとバッテリー減少が激しくなるということがはっきりさせることができたので、個人的にはスッキリ。
まぁ、スマホなんてずっと静止状態で置いておくわけではないので、この消費電力差が実使用上どの程度影響するかについては個々人の使い方によるところが大きいわけだが、やはり、何の役に立つか分からない「電話帳サービス」はなんとか止めてしまいたいと思ってしまう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
プロフィール

Author:imxs

Androidアプリ開発などを行っているimxsの開発者です。気になることを調べてメモって行きます。ほとんどの人にはどうでもいい内容でも、広い世の中一人くらいは同じ疑問を持った奇妙な人がいることを信じつつ。暖かい目で見守ってやってください。
imxsの開発者ブログは移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

カテゴリ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
156位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
41位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。