サイト移転のお知らせ

しばらくブログお休みしていましたが、こちらに移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macで簡易ローカルブラウザを作ろう(3) 〜全画面対応〜

Macで簡易ローカルブラウザを作ろう(Macアプリ開発の基礎の基礎)シリーズ
の続きです。
今回は、クリック1つでフルスクリーン化するための全画面対応です。

4.アプリの全画面対応
最近のMacアプリは全画面表示(ウィンドウの右上のボタン)に対応していますが、Xcodeで作ったアプリはデフォルトの状態では全画面表示できません。
展示等に使える(?)HtmlViewerというのを作ろうとしているので、全画面表示対応しておきます。
20130616_cocoa08.png
↑クリックすると大きい画像を開きます


左側のナビゲータービューからMainMenu.xib(Japanese)を選択→真ん中のエディタービューのWindowオブジェクトを選択→右側のユーティリティビューのアトリビュートインスペクタタブを選択→"Unsupported"になっている"Full Screen"の項目を"Primary Window"にします。
これだけで全画面対応完了です。
注意点は、JapaneseのMainMenu.xibについては全画面対応になっているものの、Englishの方の"Full Screen"の設定は変わっていないということ。他言語化して複数のxibファイルがある場合は、両方のファイルについて同じ手順を実施する必要がありそうです(←たぶん効率的な手順があると思うんですけど、現在の私の知識ではこういう認識です)。

以下のサイトを参考にさせていただきました。
コーヒーサーバは香炉である:Mac OS Xアプリケーションをフルスクリーン対応にする
http://blog.maripo.org/2012/06/os-x-app-full-screen/

次回からHtmlViewer作りっぽい手順に入っていきます。ようやくかよ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
プロフィール

Author:imxs

Androidアプリ開発などを行っているimxsの開発者です。気になることを調べてメモって行きます。ほとんどの人にはどうでもいい内容でも、広い世の中一人くらいは同じ疑問を持った奇妙な人がいることを信じつつ。暖かい目で見守ってやってください。
imxsの開発者ブログは移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

カテゴリ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
33位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。