サイト移転のお知らせ

しばらくブログお休みしていましたが、こちらに移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHPのマジック定数を使ってエラー解析効率化!!?

C言語などではおなじみの"__LINE__"などの定数。PHPでも使えるんですね。恥ずかしながら最近まで知りませんでした。PHPではマジック定数というようです。

例えば、
if($error) {
    exit('L'. __LINE__ .'@'. __FILE__ . PHP_EOL);
}


のようにエラー終了するようなブロックにマジック定数を使った出力を吐くようにしておけば、エラーログを見てどこに引っかかったかがすぐに分かります。
上の例では
L[行数]@[ファイル名]
という形で出力されます。

ちなみに、上記のコードは説明のための例です。マネしないでユーティリティ関数的なものを作って使いましょう。
ここで説明した以外にもマジック定数があります。以下のリンクをご参照ください。

自動的に定義される定数
http://php.net/manual/ja/language.constants.predefined.php

この辺もうまく使いましょうね。
error_log
http://www.php.net/manual/ja/function.error-log.php

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
プロフィール

Author:imxs

Androidアプリ開発などを行っているimxsの開発者です。気になることを調べてメモって行きます。ほとんどの人にはどうでもいい内容でも、広い世の中一人くらいは同じ疑問を持った奇妙な人がいることを信じつつ。暖かい目で見守ってやってください。
imxsの開発者ブログは移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

カテゴリ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
33位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。