サイト移転のお知らせ

しばらくブログお休みしていましたが、こちらに移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ au Wi-Fi SPOT

 外でよくWi-Fiを使います。スマホでもノートPCでも。
 私はドコモユーザですが、m-zoneは行動範囲内にはあまりありません。なので、Wi2を使っています。
 Wi2のアクセスポイントは私の行動範囲内ではやたら多いし、なにより、利用する機器のMACアドレス登録さえしておけばスマホでもPCでもログイン不要。ログイン用のアプリを入れたり、ブラウザでログイン画面を出されたりすることもないのでとても便利です。ローミングでBBモバイルポイントも使えるのでマクドナルドでもOKです。

 で、こちらがとあるカフェ(BSSIDで場所ばれるね (^_^;))でのWi-Fiの状況。Wifi Analyzerというアンドロイドアプリを使わせてもらっています。
(PC)https://play.google.com/store/apps/details?id=com.farproc.wifi.analyzer
(スマホ)market://search?q=pname:com.farproc.wifi.analyzer
wifi_2.png

 au_Wi-FiもWi2premiumも複数見つかりますが、なんとBSSIDが同じ。つまり同じ機器だってことですね。
(追記:よく見たらBSSID若干違いますね。失礼しました。でも、RSSIの値も同じだしたぶん同じ機器でしょう)
ちょっと調べてみると、いつのまにかWi2はKDDIの子会社になっている。。。なるほど。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1010/21/news016.html

 要するに、au Wi-Fi SpotあるところにWi2あり!ということ。なのでがんばれau Wi-Fi SPOTというわけです。

 やたらWi2の宣伝してますが、私はWi2の関係者でもKDDIの関係者でもありません。念のため。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

意外とおちゃめなLINE

 LINEアプリのQRコードでの友だち登録の機能で、自分のQRコードを読み込んでみました。


LINE_self.png



「自分を見つけることはできましたか?」

と、きた。



私は自分を見失ったりしてません。

LINE、意外とおちゃめなアプリです。

テーマ : ツール・ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

LINE始めました

 LINEが流行っていますね。今や説明不要と思いますが簡単にチャットや電話ができるアプリです。真偽は定かではありませんがドコモの回線をパンクさせたと言われるほどの流行りっぷり。手軽すぎて、あれやこれやとメッセージが来るのがめんどくさいので避けていましたが、周りみんなが使うので仕方なくインストールしました。
 LINEの手軽さのポイントは、スマホの電話帳に登録されている者同士を自動的に「友だち」として登録されるところだと思います。まったく設定いらずです。このような仕組みはLINEだけでなくfacebookアプリにもありますが、実はこれが個人的に避けていた最大の理由だったりします。
 電話帳に登録されている者同士をマッチングするために電話帳のデータをサーバに上げる事になります。暗号化など対策はされていると思いますが、他人様の個人情報を勝手にどっかのサーバに上げるなんて如何なものか、なんて思ったりします。なにより、それほど親しくもない人や仕事だけの付き合いだったりする人が「友達」としてお互い登録されるのに抵抗ありです。

 前置き長くなりましたが、このような古くさい考え方の人間なので、LINEはインストールしたものの電話帳データをサーバに上げる「友だち自動追加」は無効にしました。
 すると、当然ながら相手が見つかりません。相手からも私は見つかりません。で、他の手段で相手を「友だち」として登録することになるわけですが、LINEでは、QRコード、IDを使った方法や「ふるふる」なんてユニークな機能まで、何種類か用意されています。
 ただ、これらの方法は相手に登録のための手順を実施してもらう必要があり、相手が遠方にいる場合は手順を伝えるのがなかなか大変です。相手が機械音痴だったりするとさらに大変です。というか実際大変でした(笑)

 というわけで「友だち自動追加」を無効にしていて、なおかつ相手が遠方にいる場合、を想定したQRコードをメールで送って友だち登録する手順を書いてみました。同じような苦労を抱える人がいたら、このURLでも送りつけて「ここを見て登録しやがれ!」とでも言って上げてください。

LINEで「友だち自動追加」無効の人を友だち追加する方法
今回の事例でいう機械音痴の相手に実施してもらった手順を説明したものです。

LINEで「自動追加」無効のまま友だち追加してもらう方法
機械音痴の相手に登録してもらうために、私が実施した手順を説明したものです。

 実際LINE使ってみるとやっぱり楽しいです。暇なときであれば、ですが。。。

テーマ : ツール・ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

LINEで「自動追加」無効のまま友だち追加してもらう方法

 自分が「友だち自動追加」をOFFに設定していて、アドレス帳の友だちを自動で友だちリストに追加しないようにしている場合には、自分からも相手からも友だちとして登録できません。
 登録したい相手が近くにいる場合は、「QRコード」を直接読み込む方法や、「ふるふる」機能が使えますが、遠方にいる場合はそうはいきません。
 そこで、そんな相手に「友だち」登録してもらう方法をご紹介します。
 手順はそんなに難しくなく、ざっとこんな手順です。
  1. 相手にQRコードを画像として保存。
  2. 保存したQRコード画像をメールで送る。
  3. 相手にQRコードから友だち登録してもらう。

 3.の手順はこちら(LINEで「友だち自動追加」無効の人を友だち追加する方法)で紹介しています。
 以下、1.と2.の手順の詳細です。

続きを読む

テーマ : ツール・ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

LINEで「友だち自動追加」無効の人を友だち追加する方法

 LINEでは、自分のアドレス帳に登録されている人もLINEを使っていれば自動的に「友だち」に追加されるようになっていますが、相手が「友だち自動追加」をOFFに設定している場合、自分の「友だち」に登録されません。
 登録したい相手が近くにいる場合は、「QRコード」を直接読み込む方法や、「ふるふる」機能が使えますが、遠方にいる場合はそうはいきません。
 そこで、そんな相手を「友だち」登録する方法をご紹介します。
 手順はそんなに難しくなく、ざっとこんな手順です。

  1. 相手にQRコードをメールで送ってもらう。
  2. 送ってもらったQRコードを保存する。
  3. LINEアプリでQRコードを読み込む。

 以下、手順の詳細です。

続きを読む

テーマ : ツール・ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

2台のMacを1つのキーボード/マウスで操作:teleportでハマる

Androidの話題ばかりだったので、たまには別のネタ。

 うちにはMacが2台あり、1つは22インチディスプレーに繋がっていて、もう1つはMacBook Air。当然、一方のマウス/キーボードでもう一方を操作したくなります。

 キーボード/マウス共有ソフトで有名なsynergyは使った事があるのですが、Macにはteleportというのがあり、こちらの方が簡単ということで導入。ダウンロードはこちらから。
http://abyssoft.com/software/teleport/

 導入方法は簡単で、ググればいくらでもでてくるのですが、、、ハマりました。2台のマシンで画面は認識していて、Layoutの設定まではできるのですが、別のマシンの画面へマウスが移動しない。。。

 試行錯誤した結果、複数のデスクトップを使えるようにするSpacesが原因と分かりました。

 Spacesでデスクトップが複数ある場合、teleportでマウスを別マシンの画面へ移動させることができないようで、一旦デスクトップ2以降を削除するとマウスの移動が可能になります。
 また、一度マウス移動が可能になった後は、Spacesでデスクトップを増やしても問題なくteleportは使えるようです。


 teleportがうまく繋がらないという方は一度試してみてください。

私が試したソフトのバージョン
- Mac OS X 10.7.3 Lion(2台)
- teleport version 1.1.1

テーマ : ツール・ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

Serviceプログラミングの注意点

 AndroidアプリでServiceを実装するときの注意点を一つ紹介。

 Serviceを使ったプログラムの場合、以下のonStartCommandをオーバーライドすることになると思いますが、
public int onStartCommand (Intent intent, int flags, int startId)

第一引数のintentは、nullが渡される場合があります。チェックなしにintentにアクセスしないように注意しましょう。このことは、きちんとAndroidのリファレンスには書いてあります。
http://developer.android.com/reference/android/app/Service.html#START_STICKY

ちなみに、先日アップデートしたService Killerの不具合はこれです。。。すみません。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

ブログレイアウト更新しました

 PC用のブログレイアウトを変更してみました。ま、定期的に見ているという方も多くはないと思うので以前のレイアウトなんて知らねーよって方がほとんどだと思いますが。。。
 FC2の公式テンプレートをベースにしつつ、いろいろ修正している内にほぼ原型がないくらい変わってしまいました。個人的なこだわりは以下の点。

  • なんとなく流行っぽいので3ペイン。

  • 3ペインでもメインの記事の幅はできるだけ大きく

  • 見た目は派手でなくシンプルに。青が好きなので淡い青ベースのデザイン


 シンプル路線で行き過ぎた結果、見た目寂しい感じになってしまいました。ということで、アクセントとして右上に広告を。不思議とそれっぽくなりました(笑)。
 自己紹介を兼ねて、右のプロフィースの下にAmazonのウィジェット。私が実際に興味がある本が並ぶようになっています。IT系の人って、どんな本、雑誌を見ているかでどのあたりの技術に興味あるかが分かりますよね。
 ちなみに、メイン記事下の広告は邪魔だなーと思ったのですが、FC2の設定によると、ここの広告表示を有効にしておくと画像表示が高速化する、ということなので残しました。

 アフェリエイトで小遣い稼ぎなんて気は全然ありませんが、どのような広告がクリックされるのか、という傾向にはちょっと興味あるので、広告周りはときどき変更しようかな、と思っています。

電話帳サービスの負荷率を下げる設定の紹介

「電話帳サービス」について検索してこのブログにたどり着く方が多いようなので、過去記事のコメントに頂いた使用率を下げる方法を紹介させていただきます。
pumpCurryさん、情報提供ありがとうございます。

電話帳>コミュニケーションタブ>表示項目ボタン>項目を電話だけにチェック(メールのチェックをはずす)

これで、メールが届くたびに受信箱に入ってるメールを再捜査するような動きがなくなるそうです。

標準で入っているのとは別の電話帳アプリを使っていると、こんな設定がある事自体なかなか気づかないですね。
私も早速設定変更しました。

合わせてこちらのアプリもどうぞ。インストールして「電話帳サービス」にチェックを付けると、電話帳サービスの使用率が下がると思います。
Service Killer

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

改名しました(笑)

本当にどうでもいい話ですが、プロフィールのAuthorに表示されている名前を"zaya3" → "zaya"に改名しました。
というか、今日になって初めてAuthorを変更できることを知りました(^ ^;)

これまではブログのIDがzaya3なので、そのまま名前もzaya3になっていただけです。
どうせなので、いろいろカスタマイズしてみようかな。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

電話帳サービスアップデートしてみました(4/13)

昨日、ドコモの「電話帳」と「電話帳サービス」のアップデートの通知があったので、早速アップデートしてみました。
電話帳サービスのバージョンは01.023.3001。

今日一日、Service KillerをOFFにして恒例のBattery Mixで観察していましたが、私の端末(P-02D)ではプロセスの稼働率はダントツトップでした。

相変わらずの結果でした。。。

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

Service Killer v1.1.1リリースしました

Service Killer v1.1.1をリリースしました。
※ちよっとした手違いで寄付版はv1.1.2になっていますが、無料版v1.1.1と同等です。ややこしくてすみません。

機能的な変更はありませんが、たまにクラッシュする場合があるという致命的なバグの修正ですので、ご利用頂いている方はお手数ですが更新をお願いします。

クラッシュレポート投げていだだいた方、感謝です。

Android Play、もしくはこちらのリンクからどうぞ(スマホ向けサイトです)。
http://www.imxs.skr.jp/servicekiller/

Android PACKAGE関連のbroadcast intentを試してみた

 Androidのreferenceを見るとPACKAGE関係のbroadcast intentがたくさんありますが、説明文だけではどんなときに発生するのかがよくわからないので、実験アプリを作って試してみました。

続きを読む

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Service Killer 1.1.0をリリースしました

最初にリリースしてから時間が経ってしまいましたが、Service Killerの更新を行いました。
主な変更点はこちら。
- アプリインストール/アップデート時のイベント契機停止機能を追加しました。(インストール/アップデート時に動作開始するサービスを停止するため)。
- 非公開に設定されている(権限によらず停止できない)サービスを非表示するオプションを追加しました。
- サービス一覧からアンドロイドの「設定」に遷移する機能を追加しました(ロングタップ->[設定アプリで表示]を選択)。
- サービス詳細情報画面に、公開/非公開情報(exported)、及び保護されているPermissoin情報の項目を追加しました(ロングタップ->[詳細情報]を選択)。
- ヘルプサイトをへの接続機能を追加しました([Menu]->[設定]->[ヘルプサイト]を選択)。

新たにヘルプサイトも開設しました(スマホ向けサイトです)。
http://www.imxs.skr.jp/servicekiller/

合わせて、広告無しの寄付版(donate)もリリースしましたので、気に入って頂けましたらこちらもお願いします。

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

Manifestのprocess属性について

 AndroidのDevGuideを見ていて、のprocess属性が気になったので確認してみました。
 private to the application...とかの記述があったので、ひょっとしたらこの値によって、別のサービスからstopService()をコールしたときの結果が異なるのでは?と思ったのですが、結論は「関係なし」でした。

確認した詳細は以下。

続きを読む

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

Service Killerで停止できるサービス

Service Killer は、基本的にstopService()をコールしてサービスを止めているだけですが、止められるサービスと止められないサービスの解説と、自分での再確認を兼ねて、Androidの保護の仕組みを確認してみました。

 確認作業は、単純なサービスを起動するテスト用のアプリを作り、少しずつ変更しながらService Killerで停止できるかどうか(要は他のアプリからのアクセスが可能かどうか)を確認しました。
 逆に言えば、他のアプリから不用意にアクセスされたくないサービスを作るときの参考にもなるかもしれません。

続きを読む

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

サイト内検索
プロフィール

Author:imxs

Androidアプリ開発などを行っているimxsの開発者です。気になることを調べてメモって行きます。ほとんどの人にはどうでもいい内容でも、広い世の中一人くらいは同じ疑問を持った奇妙な人がいることを信じつつ。暖かい目で見守ってやってください。
imxsの開発者ブログは移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

カテゴリ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
51位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。