サイト移転のお知らせ

しばらくブログお休みしていましたが、こちらに移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AndroidアプリFlick Screen Offがようやく進化(改善?)しました

このブログのアップデートも1ヶ月ぶり以上ですが、Androidアプリのアップデートはもう、数ヶ月ぶりになります。
Androidアプリ関連の作業時間がなかなか取れなかったのですが、ようやくちょいちょい時間が取れるようになりました。で、最初にやりたかったのが・・・AndroidアプリFlick Screen Offのアップデート。
他にもユーザさんの数で言えば多くご利用いただいているアプリはあるのですが、やはりここは「有料」アプリってことで、最優先で取り組むべきかと(^ ^:

Flick Screen Off、長らくアップデートの公開はしていないのですが、内部でちょっとずつ更新はしていて、今回のV1.2.0のアップデートでソフトウェア内部的な処理は大幅に変更しています。
確認できるかぎりでは、より多くの端末に対応できるようにしているつもりですが、もし、これまで正常に動いていたのに動かなくなった!という方がいらっしゃいましたら、(修正できるという約束はできませんが)優先的に対応したいと思いますので、このブログコメントでも、メールにでもご連絡ください。

具体的にどんな変更を加えたのか、プログラミング的にどんな苦労があったのかというような話は、おいおいこのブログに書いていければと思っております。

フリックしてディスプレイをOFFにするという、ニーズがあるかどうかもよくわからないアプリですが、今回のアップデートでかなり成長していると思いますので、是非とも興味のあるかたは使ってみてください。
無料の試用版も用意しておりますので。
Androidアプリ Flick Screen Off

スポンサーサイト

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

Xperia ZとZ1をとりあえず比較してみた

「IFA 2013」のプレスカンファレンスにて、新型スマートフォン「Xperia Z1」が発表されました。
おそらく次のドコモの主力モデルになるであろう端末です。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/spv/1309/04/news099.html

相変わらずというかなんというか、カメラ推しですが、詳細は追々明らかになっていくでしょう。

とりあえず、前フラグシップモデルのZとスペック並べてみました。

■Xperia Z
139mm×71mm×7.9mm
質量146g
1.5GHzクアッドコア
電池容量 2330mAh

■Xperia Z1
144mm×74mm×8.5mm
質量170g
電池容量3000mAh

RAMはどちらも2GB。

サイズが若干大きくなっているのが気になりますが、それ以上に24gも重くなっているのが気になります。
この数値はグローバルモデルのものだと思いますが、日本向けにNOTTV対応とかしたらもうちょい重くなるかもしれませんね。

ま、この辺は数値だけで語ってもしょうがないもので、実際に手に持った時のホールド感とか違和感がないかを重要視すべきでしょう。
写真を見る限りZより角が丸みを帯びたようにも見えるのでフィット感は良くなってることに期待です。

9月14日~29日に、タッチ&トライイベント「Xperia Z1 Japan Premiere」が東京・銀座のソニービルで有るみたいです。行ってみようかな。

ちなみに、前からの噂通りGレンズ搭載でカメラに力をいれているようです。個人的にはスマホのカメラはメモ程度にしか使わないのでシャッタースピード以外はあまりこだわり無いんですけど(^^ゞ

正直なところ、メインで使っているXperia AX,RAM1GBはキツイので早く変えたいのです。だからこそこいつに必要以上に期待してます 笑

Twonkey Beamとnasneの連携をSIM無しで試してみた

まずはながーい前置きです(笑)
要点だけ教えろよ!って方はこちらからどうぞ。

Xperiaシリーズのスマホ/タブレットとnasneの連携でテレビ放送や録画番組が見られるのはよく知られているところ。連携はDLNAという一般的な技術仕様に基づいているため、ソニー以外のメーカのHDDレコーダやテレビ、スマホでも連携できると期待してしまいますが、実際は各社で仕様が微妙に違ったりしていてうまく繋がらないということが多くあります。

テレビ番組(リアルタイム放送や録画した番組)をスマホで見るという事に関して言えば
  1. サーバ側(nasneやHDDレコーダ)が送出する動画をスマホが再生(デコード)できるかどうか
  2. スマホがDTCP-IPに対応しているかどうか
の2点が連携可否のポイントだと思います。
1.に関しては最近のスマホは多くの動画フォーマットに対応してますし、ソフトウェアデコーダを含んだアプリもあるのでほとんどのスマホで問題にはならないでしょう。
2.については少々厄介です。
DTCP-IPというのはコンテンツの著作権を保護するための仕組みで、簡単に言えばサーバが送出するコンテンツを暗号化するものです。要は、テレビ放送を抜き出してYouTubeにアップするような行為を防ぐためのもんですね。
このDTCP-IPがスマホにとって厄介というのは、単に暗号化されたコンテンツを復号する機能に対応すればいいというわけではなく、ユーザが再生中の番組の画面キャプチャをできないようにしたり、端末をハッキングして複合済みのデータを引き出したりできないように強固にコンテンツを保護する仕組みが必要になるということです。そうでないと簡単にYouTubeにアップできてしまいますからね。
残念ながら、テレビ放送局はユーザを信用していないってなわけです(笑)

そんな事情でDTCP-IPに対応したDLNAクライアントアプリというのはなかなか無かったのですが、どうやらTwonkey BeamがDTCP-IP対応しているらしい。しかも、DTCP-IP対応は有料(700円)のところドコモユーザは無料という太っ腹ぶり(DTCP-IP対応にはAndroid4.0以上の端末が必要です)。
というわけで先日Android.4.0になったのにほとんどモックと化していてた旧愛機Lumix Phone P-02D(参考記事:あのLumix Phone P-02DをICSにアップデートしてみた )とnasneを連携させてテレビ化しようという試みです。
・DTCP-IP対応のTwonkey Beamってどこで入手できるの?
・SIM無しでも使えるの?
てな辺りの話も含めてレポートします。
・・・前置き長過ぎですね。すんません。

続きを読む

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

あのLumix Phone P-02DをICSにアップデートしてみた

このブログで何度も書いてきましたが、待ちに待って、待ち過ぎて、そしてどうでもよくなったP-02DがAndroid4.0にアップデートされました。

今更使い道が見当たらないP-02Dですが、さんざん取り上げてきた端末なのでAndroid4.0アップデートのレポートとして、バージョンアップ前後で軽く比較です。

続きを読む

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

ドコモAndroidのICSアップデート状況を追ってみた(4/18)

ようやくです。やっとです。もはや誰もが諦めて興味を失っている可能性大ですが、Android4.0(ICS)へのアップデート対象機種の殿(しんがり)を勤めたパナソニックの3機種のアップデートが公開されました。

最初にドコモから予定がアナウンスされたのは昨年2012年3月26日でした。なんとか1年以内にミッションコンプリートですね(笑)

アップデートの状況を追い始めたときは、まさか自分の機種が最後にになるなんて夢にも思いませんでした。これでようやく一連のこのネタレポートから解放されます。

というわけで、最後の一覧の更新です。
ドコモAndroidのICSアップデート状況まとめを更新しました。

ちなみに、私のP-02Dも無事Android4.0になりました。

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

サイト内検索
プロフィール

Author:imxs

Androidアプリ開発などを行っているimxsの開発者です。気になることを調べてメモって行きます。ほとんどの人にはどうでもいい内容でも、広い世の中一人くらいは同じ疑問を持った奇妙な人がいることを信じつつ。暖かい目で見守ってやってください。
imxsの開発者ブログは移転しました。よろしければこちらへどうぞ。

カテゴリ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
携帯電話・PHS
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Android(Google)
38位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。